寝坊録

寝坊常習犯(社会人)が自らの社会不適合っぷりを晒す場です

寝坊録

最近よく寝坊する。

 

学生時代の寝坊とは訳が違う。社会人2年目が寝坊を繰り返してる。今日はビール一杯レモンサワー二杯を飲んだ翌日に寝坊した。寝坊した後のリカバリーも世間的には悪いものだった。あろうことか風呂に入り、松屋で牛丼を買ってから会社に向かった結果、11時40分に上司に遅刻連絡をしてから2時間後の13時半に出社というガンジーも怒り出すレベルの社長出勤をかましてしまったのだ。遅刻連絡をした11時40分というのも、10時25分に先輩の鬼電で起床してから実に1時間15分もの間上司に連絡するのを躊躇していた賜物。流石の図太さと言えよう。

しかも酒を飲んで遅刻をかましているのは先週金曜日にもやっている。つまり前科持ち。正確に言えばいろんな理由をつけて遅刻を繰り返しているので、前科何犯かはもはや忘れた。

 

遅刻の悪さとは何か。それはひとえにやるべきことをやらない悪さに帰結する。決められたことをできない弱さに帰結する。社会人とは言われたことをきちんとできるという前提があってこその自由を手にできる。どんなに会社に貢献しようが決められたことができねば社会人としては認められない。時間も守れない奴は信用されないのだ。

 

次に遅刻をかました日には、俺は寿司を特定の面子に奢るという業を背負ってしまった。ご丁寧に証拠の動画も撮影されて。

 

俺は他人の遅刻を許すから、俺の遅刻を許してほしいという甘っちょろい論理は通用しない。そんなものは吹けば飛ぶような論理。この会社では。この社会では。

 

自分が正しいとは到底思わない。遅刻が悪くないとは言わない。ただ、自分を肯定してくれる何かを必要としているのは確か。それが仕事か趣味か恋人かは分からない。

 

ただ、寝坊してもまたやっちゃったねって笑ってくれる人が

のんだ

先輩と後輩と飲んだ。

 

先輩はフロアの端の部署から反対側の部署へ移動するらしい。両方とも忙しい部署。本人は入社2年目の中途で折り返しのつもりで異動願いを出したらしい。

 

後輩は仕事は楽しいという。本当にそう思ってるのか、先輩の手前そう言っていたのかはわからない。なんならこの飲み会で初めてまともに話したくらいだったから。なぜその場に俺が呼ばれたのかも謎。だけど楽しかった。

 

仕事は相変わらず作業だし、部署は相変わらず殺伐としているけど、社内の人間関係がちょっとずつ広がってきたおかげて前よりはましになった。でも、仕事のコレジャナイ感は日に日に溜まりつつあって。次に自分が目指そうとしている道が正しいのかどうか検証するためにこのブログを毎日書くことにした。

 

ねよ。

ダチョウ倶楽部の話

こんな記事を見つけた。

 

http://president.jp/articles/-/22535

 

シリアスな戦争映画なのに、なんでダチョウ倶楽部みたいな一見なんの接点もないタレントを起用してPRイベントをやるのか。という話なんですが、あまりにもPR会社目線で書かれていて書いた人は絶対に元PR会社だろうと思う。

 

実際にPR会社にいると商品・サービスとキャスティングが噛み合ってないイベントが日常茶飯事です。PR会社は基本的にアンコントローラブルな露出の質ではなく数をKPIに設定しているので、何媒体以上集められたから今回は成功したね、みたいな報告の仕方になります。今の日本のPR会社に求められてるのはパブリシティだけだということがよく分かる。

 

これは数あるPR会社にいる際の本質の極められなさの一例だと思うけど、タレントって餌をマスメディアにぶちまけてPRイベントやって、それで露出取れたから何が広められるんだろう。実際はそのタレントのもう既にある知名度アップにしか貢献しない。なんの意味があるの?

 

あー眠い。

今年の目標。

自分の中の「めんどくさい」から何かをしないという価値基準をぶっこわしたい。思えば先延ばし先延ばしにしてきたからこそ留年したし、ずっと逃げてきた。今年はそれをぶっ壊す年にしよう。そしたら無敵になる気がする。

24年生きた。

子供の頃24歳と言えば立派な大人で、結婚してるし真面目に仕事してると思ってたけど、とんでもなかった。生きるのに精一杯で何やってもうまくいかなくて落ち込んで泣いて、子供よりよっぽど子供らしい大人が出来上がってた。

 

自己否定のトンネルから抜け出せないせいで仕事もクソみたいにできないし、殻に閉じこもってたら何もできない。それなのに変わるのが怖くてそこから抜け出せない。何をどんな風にしたらこの24年蓄積した性格は変わるのか答えは見えないまま。そのくせ変なプライドはあって怒られては凹むしムカつく。吹けば飛ぶようなプライドなんか飛ばしたい。ぶっ飛ばしたい。何かに我を忘れて一心不乱に打ち込みたい。夢中になりたい。かっこ悪くてもいい。

 

そんな24歳になりました。

タイトル思いつかない

休みの日は結局土曜寝て夜ダラダラして日曜夕方から夜まで動かず、日曜夜から動き出すみたいなばっかでやばいな。ライフスタイルとして終わってる。

 

さっきファミレスの喫煙所で話したじーさんは喫煙歴50年らしい。昔はタバコ吸い始めるのが成人の儀式でそれ以来ヘビースモーカーだと。そんだけ吸ってたらもうやめらんないよなあ。中途半端に規制するならいっそタバコ廃止すればいいのにとも。それだと禁酒法みたいに闇で出回っちゃいますよね〜って夜中の1:30くらいに話してた。オリンピックのせいで何でもかんでも正当化されて規制されるのはいやだね。

 

それはそうと保険代理店の切り口を考えてるけど、全く思いつかん。全くではないけど切り口としてメディアに載ってる絵が想像できない。ショボい。いい人達だからなんとかして大きいメディアとか載せてあげたいけど、マイナー媒体から攻めてくしかないんだろうか。マイナー媒体って言い方は失礼か。でもそれすらもどう載せていいのやら。

こういったことも先輩とかと切り口夜通し考えたらしたいけど、作業に忙殺されすぎてこういった頭の使い方ではなくいかに捌くかみたいなのばっかりなんだもんなあ。それって恐らくクライアントは求めてないし、ちゃんと出る媒体絞ってみんなでアプローチかけてけば出ると思うのに、それができないのは辛い。これから入ってくる後輩達もそういう頭の使い方求めて入ってくるだろうし、そういうチームワーク的なのができたらいいし、してあげたいな。

 

ともかく仕事はちょびっとだけ楽しくなってきたし、明日からもがんばるんば

1月16日

仕事で保険の代理店をPRをしてるんだけど、まあ難しい。保険そのものならまだしも、、今思いつく切り口はクロステックだけどフィンテックというわけでもない。難しい。

 

そんなことより明日から同じ一年目で転職してくる人が入ってくる。絶対比べられる。けど今日挨拶して思ったのは俺の仕事のエンジンは後輩の存在だということ。教えることでいいカッコしたいのかもしれないし優越感を感じたいのかもしれない。ドヤ顔で知識披露したいのかもしれないし、上から目線で物言いたいだけかもしれない。でも、明らかに教える側に回ると成長するように思うし、自分を分かってる人の側にポジショニングしようとする。周りが分かってる人ばっかりだと逆に自分が一番分かってない風にポジショニングするのが楽だからそうしてしまっていたのが去年だったかもしれない。自分という人間の悲しい性だけど。なんでもいいけど、自分が一番成長するのは後輩を持った時なんだろう。ディベートでもそんな感じだった。後輩にドヤ顔で教えたいがために、ええカッコしたいがために練習したし、怖いけど他大学に練習いったけど全然苦じゃなかった。逆に目的が後輩にええカッコすることだからそれが出来てしまうと成長が止まるし、だからこそ部内では強い方だったけど他大学には全然勝てなかったのは悲しいジレンマ。でも一時的であろうが今の俺には何かしらの原動力が必要なんだ。

さっき思考を整理するには書きまくることだみたいな記事読んだけど、確かに思ったより書けるし思考がどんどん深まるというか新たな発見をしてる。すごい。語彙力ない。

 

話が逸れまくった。とりあえず彼女欲しい。